アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

Wordpress(ワードプレス)

自分の記事をクロールしてもらう(巡回して収集してもらう)ためのプラグイン「Google XML Sitemaps」

2016/07/30

クロールって?

12メッセージ

ロボット型検索エンジンの役割

作ったブログを公開しても、それを収集してくれる機能がないと、誰も検索をかけても私たちの記事を見つけてもらうことはできません。

ユーザーの目にとまらなければ、ただの自分の書き留めた情報にしかなりません。

自分の書いたブログの記事が自分以外の人の目にとまって初めて、役に立つコンテンツとして力を発揮できるのです。

ネット上(WEB上)で検索して、表示されるためには、クローラーと呼ばれるロボット型の検索エンジンに自分の書いた記事を見つけてもらわなければならないのです。

この検索エンジンは、世界中のあちこちを巡回して集めた情報をもとに、その内容をインデックスする(検索結果に表示する)という作業を行っています。

ロボット型検索エンジンの種類

検索エンジンには、有名なものではGoogleやBingのものがあります。

国内大手のYahooはGoogleの検索エンジンを使用しています。

ですので、国内で運営するブログに関しては、Googleの検索エンジンが重要になってくるのです。

そのための大切なプラグインを導入しておきましょう。

名前を「Google XML Sitemaps」と言います。

Sitemapsの最後のsを忘れないようにしてください。

「Google XML Sitemap」という全く別物のプラグインも存在しますのでね。

Google XML Sitemapsの設定について

では、設定に移ります。

ダッシュボード画面からプラグインをクリックします。

2016-07-1811

新規追加をクリックして「Google XML Sitemaps」と入力します。(下図)

2016-07-22 (5)1

検索すると、次のような画面が出てくると思います。

「今すぐインストール」をクリックしてください。

2016-07-22 (6)1

「プラグインを有効化」します。

2016-07-22 (7)1

プラグインの画面に「Google XML Sitemaps」が導入されました。

2016-07-22 (8)1

ダッシュボード画面から「設定」➞「Google XML Sitemaps」をクリックすると、次のような画面になり、設定が確認できます。

2016-07-22 (9)1

記事を投稿して、公開されたら、画面が変わります。

2016-07-22 (10)1

これで、XMLサイトマップの作成は完了です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-Wordpress(ワードプレス)