アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

アドセンス 特化型ブログ

「特化型ブログ」で収益を得るしくみの一つ、グーグルアドセンスとは?

2016/09/23

特化型ブログで収益を得よう

アドセンス1

グーグルアドセンスについて

特化型ブログ」に貼る広告、「Google AdSense(グーグルアドセンス)」ってどのようなものでしょうか?

グーグルアドセンスでは、ブログやサイトを運営している私たちのために、インターネット上での広告を配信してくれます。

これによって、ただ読まれるだけのブログから収益が発生するのです。

自分で、会社や企業相手に、交渉することもなく、営業をかけることもなく、広告を貼れて、そこから収益を得られるなんて凄いことですよね。

しくみについて

ビジネスの社会では、自社の広告(他社の広告)を世の人に広めて、収益を得ます。

そのためには、企画したり、営業したり、宣伝したり、お客様の相談を受けたり、窓口になったり、サービス、クレーム、アフターフォローなど様々な分野に秀でた知識や能力が必要とされます。

また、それぞれの分野を得意とするスタッフが大勢必要とされるのです。

ですので、一つの成果を出すには人件費も含めて莫大な資金が必要となります。

しかし、「アドセンス広告」は、申請して許可をもらえれば、自分のブログやサイトに貼るだけで、収入を得るしくみが完成してしまうのです。

後は、ユーザーが、アドセンス広告を目にすることと、クリックしてくれることで実際の収益につながるというしくみです。

こんなに凄い

「グーグルアドセンス」の凄い所は、広告の種類が多いことと、適切な広告を自動で表示してくれるという魔法のようなしくみです。

適切な広告というのはどういうことかと言いますと、その記事に関わりの深い商品を自動的に表示してくれるんです。

例えば、医療保険のしくみや種類を知りたくて、医療保険に関係する記事を見つけて読んでいたとすると、その記事にアドセンス広告が貼ってあった場合、医療保険の広告が流れる可能性が高くなるのです。

自分で、特化した記事を書いたとしても、その記事に見合った広告を探すのは大変ですし、その広告主と契約したり、交渉したりなんて、ビジネス初心者にはなかなかできることではないと思います。

それを自動で行ってくれるんです。

助かりますよね。

もう一つ、記事に関わりのある広告以外にも、ユーザーの興味を引く広告が配信されることもあります。

これはどういうことかと言いますと、見たい記事が「バラの育て方」に関するものだったとしても、そのユーザーが以前、ネット上でダイエット器具を購入した経歴があったとしたら、「バラの育て方」の記事に貼ってあるアドセンス広告は、ダイエット器具の広告かもしれませんし、ダイエットサプリの広告のこともあるんです。

また、直前に「旅行の計画」を立てるために旅館探しをしていたとしたら、「バラの育て方」のアドセンス広告に、旅行会社の広告や、格安旅館などの情報が配信されたりもします。

本当にびっくりですね。

どうすればアドセンス広告が手に入る?

Google AdSenseへの申請

「アドセンス広告」はどのようにして、自分の記事に貼れるようになるのでしょうか?

誰もが自動的に何もせずにアドセンス広告を貼ることができるわけではありません。

ワードプレスで自分のオリジナルのブログを作り、その記事をある程度の数、公開し続けている中で申請手続きを進めていきます。

そして申請したブログの審査が行われ、審査に通ればアドセンス広告が自分のブログやサイトに貼れるようになるのです。

アドセンス広告の申請の流れ

アドセンス広告を申請して、自分のブログに貼れるようになるまでの流れをお話しします。

1.ワードプレスを用いたブログを作る

2.記事を定期的に投稿して、30記事ほど増やす。(一度に30記事公開するよりも、一日1記事ずつ更新して30記事にしていくほうが望ましいです。)

具体的にはどんなブログを用意すればいいのでしょうか?

👇

グーグルアドセンス、申請するブログを用意する(文字数、ジャンル、投稿頻度、内容)

3.グーグルアドセンスに登録、申請する

👇

アドセンスの申請を行う(一次審査に向けて)2016年9月時点

4.最初の審査が通って、グーグルアドセンスからメールで送られてきた広告のコードを自分のブログに貼りつける

アドセンス一次審査合格、次は二次審査に向けての手順

 

アドセンス広告を取得したら必ず行ってほしい設定があります。

アドセンス広告を貼る際に必ず行う設定、忘れると大変なことに!

 

5.そしてそのまま継続して記事の更新を行う

6.1週間以内にアドセンス広告が表示されるようになります。(これで2次審査合格です。)

7.アドセンス広告で得られた「収益の確定額」が、日本円で1,000円を超えるとPINコード(個人識別番号)が郵送で送られてきます。(PINコードを設定しないと収益は振り込んでもらえません)

8.PINコードを設定して、収入を振り込んでもらう口座の登録を行う

9.アドセンス広告による「収益の確定額」収入が、日本円で8,000円以上になると口座に振り込まれる

10.それ以降も、ひと月に8,000円以上収入があれば、その月に振り込まれますし、それ以下であれば、8,000円に達した月に振り込まれます

という流れになります。

アドセンス広告というのは、審査にパスすることで手に入るものですので、どんなブログでも通るという訳ではありませんし、記事の更新頻度や、ブログに書くジャンルの選定なども関係してきます。

それに、年々、審査が厳しくなっているようなので、最初からどのようなブログが審査に通りやすいのかを把握して記事を書き進めたほうがいいと思います。

見切り発車で記事を書き進めて審査に落ちても、またチャレンジはできますが、時間がかかりますし、一度落ちたブログの見直しをして原因をつきとめるよりも、最初から審査に通るようなブログ作りをしていったほうが近道だと思います。

簡単な方法で審査にパスできる時期もあったようですが、厳しいので有名なグーグルさんですので、最初から自分のブログ運営はしっかりと行って、ユーザーに価値のあるコンテンツで審査も受けましょう。

そうすれば、昨日はよくて、今日からはダメという審査基準になったとしても関係なくパスできるはずです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。 

 

-アドセンス, 特化型ブログ