アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

特化型ブログ

特化型ブログアフィリエイト開始、自分のブログのアクセスを見るための設定(Google Analytics)

Google Analyticsとは?

自分のブログ(サイト)へのアクセスがあった人数やページ数、時間、内容などを解析するツールになります。

もう一つ設定した解析ツール「Search Console」では、Googleからの検索内容しか解析できないのに対して、「Google Analytics」はそれ以外の検索エンジンからのアクセスも解析できます。

どういうもの?

ブログ(サイト)を作って、アフィリエイトをしていくためには、自分のブログを見に来てくれる(アクセスしてくれる)ユーザーがどれくらいいて、どういう所から(yahooなのかGoogleなのかBingなのか?など)来てくれたのか、どういう検索の仕方で(キーワード検索、サイト名(URL)を直接検索、他のサイトから紹介されての検索など)来てくれたかなどがわかります。

一日の解析は、ただそれだけで終わるかもしれませんが、毎日、毎月、毎年の流れによって変化がわかり、自分のブログがどのようにユーザーから求められているかを知るのに役立ちます。

ブログを書き始めたらただ書きっぱなしというのではなく、時々は解析ツールに目を向けて、自分のブログの問題を改善していく必要があるのです。

何ができるの?

  • 一日にどれくらいのユーザーが訪問してくれているかわかる
  • どんな検索ワードを使っているのかを知ることができる
  • 訪問してくれた人は一度来たことのある人(リピーター)なのか初めて来てくれた人(新規)なのか知ることができる
  • どんな地域の人が来てくれているのかわかる
  • 自分のブログのどのページからどのページに移動したのかわかる
  • 自分のブログを訪問していてくれた時間(滞在時間)がわかる
  • たった今(リアルタイム)の訪問者の数がわかる
  • 自分が設定した目標(ページ数、滞在時間、決まったページへの誘導など)における達成率などがわかる

など一部をあげてみました。

これ以外にもできることはたくさんあります。

私が主に活用している内容からピックアップしてみました。

自分のブログへの活用術

ブログを立ち上げたばかりでは、アクセスはほとんどありません。

早くても3か月、遅くても半年ほどは、アクセスが伸びなくても我慢して、ユーザーのためになる良質の記事を更新していきましょう。

少しアクセスが増えてきたら、このツールの便利さがわかってきます。

一番わかりやすいのがアクセス数です。

一日にどれくらいのユーザーが自分のブログを訪問してくれたのか、アクセスが徐々に増えてくると、記事を書くことも楽しみになってきます。

最初は何日たっても、自分のブログを見てくれる人が1人もいなかったのに、10人、20人と増えてくるとワクワクしてしまいますよね。

私たちは、読んでくれるユーザーのための記事を書いています。

訪問してくれる人が少しづつでも増えてきて、どんどん減っていかないならば、それは、自分のブログの記事がユーザーの役に立っていることになります。

記事数が増えてくると、とてもたくさんのユーザーが見てくれている記事と、ほとんどアクセスのない記事、見られてもすぐにブログから離れてしまわれる記事が存在してくるのがわかります。

そんな時に、アクセスのない記事の手直しや、アクセスの多い記事からユーザーのためになる別の記事への誘導などをしてあげることで、ブログ全体の向上につながり、ますますユーザーのためになるブログに近付くことができるのです。

他には、一日の流れが把握できます。

私のブログの記事の内容は、30代から50代ぐらいの主婦の方に向けて書いているものが多いです。

そうすると、朝の家事を行う時間帯のアクセスはほとんどなく、午前中少しアクセスがあります。夕方の家事や家族との時間と思われる時間にはまたアクセスが減り、夜遅い時間アクセスが増えます。

これは、家族がやすんだ後に、自分だけの時間にブログを読んでくださっているのかな?と推察しています。

このように、自分のブログに来てくださるユーザーの生活に思いを馳せながら記事を書くと、自分でもイメージが湧いてくることがあるんです。

数字上の結果を知ることにすぐれたアクセス解析ではありますが、私の場合は一歩先の、「ユーザーの生活を想像できる」、そういうツールとしても活用しています。

設定の手順

では、Google Analyticsの導入設定をしてみましょう。

下の「Google Analytics」をクリックすると設定画面になります。

Gooogle Analyticsの設定

2016-08-041

「ログインまたはアカウントを作成」をクリックします。12016-08-02 (23)

ログインすると、新しいアカウントの設定画面が出ます。

12016-08-04 (3) 12016-08-04 (4) 12016-08-04 (5) 12016-08-04 (6)

①「ウェブサイト」と「モバイルアプリ」がありますので、「ウェブサイト」を選択します。

②「サイト名」を入力します。(ブログの名前になります。)

③「ウェブサイトのURL」を入力します。

※私は、枠の中に「https://~」から入力して失敗しました。https://の後の部分だけを入力します。

例)https://biyou.comがサイトのURLだとすると、biyou.comの部分だけでOKです。

④業種を選択します。(1つだけです)下のような画面が出ます。

12016-08-04 (7)

⑤日本に設定します。

⑥すべて入力したら、 トラッキングIDを取得 をクリックします。

12016-08-04 (9)

Googleアナリティクスの利用規約に同意します。

下の画面が出ます。

12016-08-04 (10)

トラッキングコードをコピーして使います。

※「STINGER PLUS」をテーマとして使っている場合は、「トラッキングID」だけで設定可能です。

12016-08-04 (11)

他のテーマを使う場合でも設定できる方法を説明します。

ワードプレスのダッシュボード画面から外観➞テーマの編集➞テーマヘッダー画面を表示します。

12016-08-05 (1)

「サーチコンソール」の設定の時も同様ですが、カーソルを動かして</head>の部分を見つけます。

その手前に先ほどのトラッキングコードを貼りつけて ファイルを更新 をクリックします。

もっと簡単に!「STINGER PLUS」をお使いの場合

テーマに「STINGER PLUS」を使っている場合の設定を説明します。

12016-08-05 (8)

ダッシュボード画面の「STINGER 管理」の「Google連携に関する設定」をクリックします。

12016-08-05 (4)

「アナリティクスコード(トラッキングID)」を入力します。

UA-に続く数字を入力してください。

12016-08-05 (5)

設定して、 SAVE をクリックすると、入力用の枠が消えます。

12016-08-05 (7)

Google Analyticsのレポート画面で、ユーザーのサマリーを見るとこのようになっています。

解析結果が反映されるまでは1日ほどかかりますので、しばらくお待ちくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

 

-特化型ブログ