アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

特化型ブログ

「特化型ブログアフィリエイト」スタート!さあ、記事を書こう

2016/09/22

記事を書く

1記事を書く

色々な設定をすませ、やっとここまで来ましたね。

いよいよ本番です。

記事を書いていきましょう。

パソコンの操作が初心者でも大丈夫です。

誰でも物事を始めるときは初心者です。

一度もやったことのない作業を失敗なく一度でこなせる人は少数です。

あなたも徐々にできるようになりますし、文字を入力するのも早くなっていきます。

今まで、自分のブログを用意するために、登録や設定を繰り返し行ってきたということは、すでにパソコンの基本的な使い方はできているということです。

では、早速ブログの記事を書いていきましょう。

最低限やることは?

  • 文字の入力
  • 下書き保存
  • パーマリンクの手直し
  • カテゴリーを決めること
  • 書いた記事がどのように表示されるのかをプレビュー画面で見て確認する。
  • 記事を公開する

初心者にやってほしいこと(私の経験から)

1にも2にも「保存」です。

少し作業を進めては保存、一つタイトルをつけたら保存、文を2~3行書いたら保存

記事を書くことに慣れていない最初のうちは、こまめに保存をしてください。

やり過ぎて困ることはありません。

ふと間違えてすべて消してしまったとしても保存していれば、その保存地点からの再スタートですみます。

私が最初記事を書き始めた頃は、タイトルくらいの短い言葉でさえ一度消したら思い出せませんでした。

ですので、大量に作業をすすめたり、記事を書いたあとに消してしまった場合、ショックで立ち直れません。

気持ちが復活するまでに時間がかかります。

そのリスクを減らすためには、こまめに「保存」した方がいいです。

もちろん、作業に慣れてきたら「保存」の間隔を長くしていけばいいのです。

私は以前2000文字ほどの記事を書いたあと、その記事を消してしまい、保存していなかったため、すべて書き直した経験があります。

書き直しのリスクは、時間がかかるいうだけでなく、もとのような記事を再現するのは難しいということがあげられます。

最初にどんなに良い記事がスラスラ思い付き書けたとしても、次に同じ内容を書こうとしても、少しずつ言葉やニュアンスが変わってきてしまいます。

一度、書き上げた記事は、書き上げた時点で財産です。

それを失うのは辛いです。

ということで、「保存」していきましょうね。

投稿画面の使い方(実践編)

実際に画面を見ながら文字を入力してみましょう。

ブログのテーマは「ダイエット」としておきましょう。

(テーマの決め方、タイトルの付け方は近いうちにアップします)

投稿画面でタイトルを入力

まず、ワードプレスの投稿画面を表示します。

ダッシュボード画面➞投稿➞新規追加とすすみます。

12016-08-05

これが、記事の投稿画面です。

12016-08-06 (2)

赤枠の中にタイトルを入力します。

22016-08-06 (3)

今回はテーマを「ダイエット」にしましたので、このようなタイトルをつけてみました。

カテゴリーを決める

次に、カテゴリーにチェックを入れます。

自分の求めるカテゴリーが存在しない場合は、

新規カテゴリーを追加します。

(もし、カテゴリーを追加したり、設定しない場合は 未分類になります。)

12016-08-06 (3)

「+新規カテゴリーを追加」をクリックすると入力するための枠が表示されます。

12016-08-06 (7)

とりあえず、「ダイエット」というカテゴリーを追加してみます。

枠の中にダイエットと入力して「Enter」キーを押します。

すると、下の画像のように、カテゴリーが増えて、自動的にチェックマークがつきます。

12016-08-06 (8)

パーマリンクの編集

次にパーマリンクの編集を行います。

ここでは、パーマリンクの設定を投稿名にした場合の編集についてお話しします。

パーマリンクの設定についてはこちらで解説しています。

👇

記事を書く前にしておく設定(パーマリンク、一般設定、Ping送信)

記事のタイトルを入力して、一度でも保存するとその下にパーマリンクというものが出てきます。

12016-08-06 (10)

私は、パーマリンクの設定で「投稿名」に設定していますので、記事の投稿名(記事タイトル)の言葉がそのまま表示されています。

その部分を編集するわけですが、なぜ日本語のままだといけないのでしょう?

何の記事なのか一目瞭然、わかりやすくて良さそうですよね。

理由は主に2つです。

一つは、パーマリンクが日本語だとユーザーが検索したときに404エラーと言って記事が見つからなくなることがあるからです。

ネットで検索して、「404記事が見当たりません」などの表示が出た経験はありませんか?

もう一つは、記事のURLをコピーして新たに貼り付けて検索しようとした場合に、以下のような長い英数字の羅列になってしまうからです。

2016-08-06 (56)12

下のURLがもともとのURLです。

それを貼りつけたらがやたらと出てくる意味不明の文字の羅列になってしまいます。

ですので、日本語のパーマリンクはローマ字表記などに変更したほうがいいのです。

それなら投稿名にしなければいいのに?

と思いますよね。

私はこれで失敗しました。

最初のブログで、パーマリンクの表記を数字にしておいたら、アクセス解析を見たときにどの記事がアクセスが多いのかと調べてみてもパーマリンクの数字しかわからないので記事の内容が想像できません。

その点、投稿名にしておけば、記事の内容がわかります。

ですので、「投稿名」に設定して後からローマ字表記などに編集する方法が良いと思います。

もっと簡単にしたければ、「40dai-diet」でもいいと思います。

自分がわかるような設定でもOKだと思うのです。

ただ最初は記事のタイトルをそのままローマ字に変えたほうが簡単だと思います。

12016-08-06 (11)

パーマリンクの文字の横の「編集」ボタンをクリックすると自分のブログのURLの後の部分が編集できるようになります。

赤枠の中にカーソルを移動させ右クリックして「すべて選択」を押すと枠の中が青くなります。

その状態で新しく入力するか、一度「Delete」キーで文字を消してから入力してくださいね。

12016-08-06 (12)

アルファベット表記が済んだら「OK」をクリックします。

12016-08-06 (13)

新しいパーマリンクが出来上がりました。

ここまでをまた保存しておいてくださいね。

保存するたびに下のような画像が出ます。

12016-08-06 (10)1

青文字で書かれている「投稿をプレビュー」という部分をクリックすると、それまで作業した結果がどのように反映されるのかを確認することができます。

このプレビュー画面が投稿した記事の見え方になり、ユーザーが目にする全体像になります。

記事を書く

次はいよいよ記事を書いていきます。

12016-08-06 (14)

記事の入力画面は「ビジュアル」と「テキスト」の2つあります。

「ビジュアル」で作業をした方が初心者向けかと思います。

記事の書き方は人それぞれですが、私は大まかな段落ごとのタイトルをつけて、それに基づいて記事の内容を書いていくことが多いです。

先に書きたいことを文章にして、後でタイトルをつける方法もあります。

自分のやりたい順番で記事を書いてくださいね。

段落の編集の決まり事として、

大見出しと呼ばれる段落は2か3でつけ、その中の小見出しと呼ばれる段落はそれよりも数字の大きな段落にします。

例)下の図の青い枠のように、見出しの数字の小さな方から数字の大きな方に使っていきます。

cats

ということで、実際にどのように見出しを作っていくかを説明します。

12016-08-06 (15)

「ダイエットについて」という大きな見出しを見出し2として編集したい場合、文字を選択します。

文字の始めにカーソルをおいて、マウスの左クリックを押したまま文字の最後までカーソルを移動させることで、選択した範囲が青くなります。

その状態で、上の赤枠の「段落」をクリックすると見出しの種類が現れますので、見出し2を選択。

12016-08-06 (57)

すると、下の画像のように「ダイエットについて」がふきだしのような薄いグレーに囲われています。

これが見出し2に編集された結果です。

次の行に移りたいときは見出しの最後の文字にカーソルを移動させ、「Enter」キーを押します。

12016-08-06 (16)

文章を書いていきます。

12016-08-06 (17)

これを参考にしてその下に次の段落(見出し3)を作ってみましょう。

12016-08-06 (18)

ちなみに、ここでの見出し3は文字の下に線が引かれた状態です。

12016-08-06 (19)

テキストという入力画面で見ると、<></>で文章が挟まれています。

見出し2の文字は<h2></h2>で挟まれているのがわかると思います。

見出しの付け方と正しい使い方については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

あまり重要視してなかった見出しタグの本当の使い方

このタグと呼ばれる記号のようなもので編集することもできますが、初心者には少し難しいかと思います。

私もほとんどわかりませんが、このタグを理解している方たちは、このテキスト入力画面で編集されることも多いでしょう。

では、ここまでの作業を「下書き保存」して、「プレビュー」で見てみましょう。

下の画像が私のブログの見え方になります。

全体が薄いグリーンなのは外観のカスタマイズという項目で設定していますので、これは記事を書くことに慣れてきたら挑戦してみるのもいいですね。

12016-08-06 (20)

記事タイトルの上に「ダイエット」とカテゴリーが表示されています。

見出し2の部分をふきだしの形にもできるようです。(また別の設定になります。)

記事の投稿画面の右上にある公開についての部分で主に使うのは、

  • 下書きとして保存
  • プレビュー
  • 公開

の3つですが、ここにあるリビジョンも便利な機能です。

12016-08-06 (21)

「下書きを保存」を押したら一つ前よりも作業が進んだことになります。

その保存した回数や作業内容の変更に伴ってその時々の記事の進み具合が保存されていて、それを見直すことができます。

保存したはいいけど、保存する前に戻りたいときに使ったりします。

ここではリビジョン2となっていますので、保存されている内容は2つです。

文字を入力する前と後の画面が保存されています。

12016-08-06 (22)

最後に記事をプレビュー画面で読んでみて、文字に誤字や脱字、読んでいる流れでおかしいところがないかどうかを確認して、公開すれば完了です。

見直す、修正する、加筆する

これは記事を公開していくうえで、一番大切なことかもしれません。

最初はブログの記事を書くことがなかなか進まないかもしれません。

ですので、自分の書きたいことを書いたらまず公開してみましょう。

手直ししたり、記事に加えたいことがあったらその後でも加えることはできます。

考えすぎて手が止まったり、いつまでも記事の公開ができないと本末転倒です。

最低限、誤字、脱字がないかだけ確認したら記事を公開しましょう。

これであなたの記事がウェブ上(ネットの世界)にデビューしました

ブログ記事のアップが完了しました。

この調子で、一記事一記事重ねていきましょう。

先を考えてもしょうがないです。

今日はまず一記事、今日が無理なら明日また一記事、最初は練習だと思って、自由に書きたいことを書いていってもいいと思います。

読んでくれるユーザーのためになる記事を心がけていけば、少しづつ記事を書いていくことも慣れていきますし、コツもつかめると思います。

頑張りましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-特化型ブログ