アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

アフィリエイト

気分が乗らないときのブログへの取り組み方(私の場合)

私のアフィリエイト作業は副業です

%ef%bc%91%e6%b0%97%e5%88%86%e3%81%8c%e4%b9%97%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84

私は仕事をしながら、帰宅して夜のわずかな時間や早朝の時間を活用してブログを書いています。

しかし、疲れ切って何もしたくないこともあります。

今日は寝ちゃおうと思うこともあります。

アフィリエイトを続けるために身体を壊しては何にもなりません。

健康第一なのはいうまでもありません。

しかし、やろうと思えばやる時間があるのに何となく気分が乗らなくて、パソコン上でネットサーフィンしたり、人のブログを読み始めて自分のやるべきことをしないのではいつまで経っても結果なんて出ないのは当然ですよね。

私のダメなところは気分があちこちにさ迷って、集中するまでに時間がかかるということです。

しかし、行動しなければ結果は出ないとわかっているので、最近は家事がひと段落したらくつろぐ前にパソコンを立ち上げます。

そしてワードプレスを開きます。

記事のタイトルはなかなかすぐに書けないので、そこで考え込むと時間ばかり過ぎるのでとりあえず、何について書くのかだけ(仮タイトル)を決めます。

見出しを3~4個適当につけて、上から順番に・・・ではなく、この見出しなら今の気分で一番書きたいと思うところから手を付けます。

それすらやる気が起きないときは、アイキャッチ画像の設定をしたり画像編集をしたりします。

何かしら手を動かす

これが、私の取り組み方です。

おもしろいことに、何かしら手を動かしていくうちに少しずつアイデアが湧いたり、他の記事も書きたくなってくるんです。

そうなんです。

とっかかりまでがパワーがいるんです。

重い腰を上げることが毎日の努力目標です。

アフィリエイトを始めたばかりの頃

見る物、聞くもの、教わる物すべてが真新しい情報で、興味津々でした。

最初はやる気にも溢れて、夢も大きく、何でもやってやるぞ~という意気込みだらけでした。

一つのことをこなして、それを報告することが楽しくて、小学生が先生にほめられたいがために、頑張っているという感じでした。

楽しくてワクワクしながら物事に取り組むのが一番いいのは解っています。

しかし、ワクワク感だけでなく、教わっているからには、毎日記事を更新しようという自分に「ノルマ」的なものを課していた時期でもありました。

記事の更新も一日最低一記事を目標にしていました

特化型ブログ記事更新も、最低でも一日一記事は書くように決めていました。

書いても書かなくても自分が困るだけなのですが、自分のブログのURLをメンターにお知らせしていましたので、やっているか、さぼっているか一目瞭然のはずでした。

それゆえに、「きちんと作業しています。」的なアピールも含めて、毎日の記事更新は自分でも頑張っていたように思います。

特化型ブログは長期的な展望のもとで行うもの

短期間(数ヶ月や1年以内)で結果を出したいと思うならば、「特化型ブログ」はおすすめできません。

というよりも、短期間で楽して稼げる方法なんてないです。

もし、短期間でしっかりとした結果を出している人がいるとしたら、それは、人一倍作業量をこなし、正しいやり方で頑張ったからです。

特に「特化型ブログ」は、一日に何記事も更新せずとも、コツコツと正しいやり方で継続していくことで結果を出せるアフィリエイトです。

ですので、副業でのアフィリエイトに取り組みたいという人や、一日にとれる時間がわずかだという人は「特化型ブログ」でのアフィリエイトが向いています。

しかし、自分のペースでコツコツできる「特化型ブログ」にも結果を出すコツがあります。

それは、ある程度の記事数やアクセス数が確保できるようになるまでは、しっかりとしたキーワードの選定や、なるべく毎日更新する(1記事でもいいので)ということが大切です。

最初が肝心ということです。

最初に波に乗れれば、半年後、1年後に必ず結果が出てきます。

アフィリエイトは「0を1にする」までが大変です。

0が1になったらそこから10にも100にも増やしていけるのです。

しかし、最初の3ヶ月ほどはなるべく記事更新とキーワード選定をしっかりとやっておいた方がいいです。(本当はずっとやった方がいいです)

なぜ最初の3か月にこだわるの?

私個人の意見ですが、3か月も続けると習慣として普通に取り組めるようになるからです。

アフィリエイトやブログを始めようとするときって、最初はテンションも高く、モチベーションも維持して取り組むことができます。

ワクワクしたり、やる事がすべて真新しくてチャレンジの連続だからです。

しかし、最初の準備段階が済むと、後はキーワードを選定して、ひたすら記事を書いていく毎日が待っています。

最初にテンションの高い人ほど、その後の地道な作業とのギャップに飽きて、挫折しやすくなるのです。

毎日記事を書くのって思ったよりも孤独な作業です。

よほど、明日の生活に危機感がないと、テレビや家族との団らんの時間をふいにしてまで取り組もうとは思えません。

ましてや、最初の3ヶ月ぐらいは意地でもやってやるという気持ちが残っていますので、惰性でもやれますが、だんだん辛くなって来る場合が多いです。

だからこその最初の3ヶ月だと思います。

敢えて、敢えてしっかりと基本に忠実に毎日同じことを繰り返すことで習慣にできます。

今の私の場合

アフィリエイトを始めて約1年経ちました。

結果も出てきました。

記事を書くことがほぼ習慣化しています。

仕事でくたびれたりすることもありますが、一日パソコンを開かないということはありません。

記事を書けない時もキーワードを決めたり、使う画像の加工をしたり、何かしらの作業をするようにしています。

記事を書くにはアウトプットだけでなく、インプットも必要です。

時には、記事を詳しく書くために本も読みます。

少しずつアフィリエイトをするうえで大切な作業を当たり前に取り組めるようになってきました。

それでも気分が乗らない時もあります。

私も弱い人間です。

そんな時には、いつもと同じように、パソコンの電源を入れ、ワードプレスを開き、何かしらの文字を打ちこむことで、気持ちが波にのるように工夫しています。

私のやり方の一例でした。

記事を書くのが仕事だと言っても、なかなか書けない時もあります。

そんな時に自分なりの取り組み方を考えて、毎日の作業をこなしていけたらいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。  

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。  

気づき次第、おるりがお返事いたします。

 

 

-アフィリエイト