アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

Wordpress(ワードプレス)

ブログの記事を見やすく整理して、どんな内容があるのかを把握できるプラグイン「PS Auto Sitemap」

2016/12/30

記事の一覧が人目でわかるすぐれもの

1見やすい

 

自分のサイトの内容をスッキリ見せてくれる

人のサイトを訪れたときに、

(このサイトの中にはどんな記事があるのかな?)

(このサイトの情報を知りたいな)

と思う事ありますよね。

その時に、記事一つ一つをチェックするのも一つの方法ですが、記事の一覧や書いている人の情報などが人目でわかると便利ですね。

探したい記事が、目次のような形で存在していれば、ユーザーのためにもなります。

同じように、自分の作ったブログの中の記事を、一つ一つ手動で設定しなくても、記事を更新するたびに自動的に表示してくれるので、便利です。

記事が探しやすい、親切なサイトだ、ということで、ユーザーにとってもまた訪問してくれやすくなります。

その一覧を作ってくれるのが、「PS Auto Sitemap」というプラグインです。

導入の仕方

2016-07-1811

これも、他のプラグインと同じです。

ダッシュボード画面から「プラグイン」の画面に移動して「新規追加」をクリックします。

2016-07-22 (15)1

キーワードの横の四角の中に「PS Auto Sitemap」と入力します。

「PS Auto Sitemap」の画面が出てきたら、「今すぐインストール」をクリックします。

2016-07-22 (16)1

「プラグイン」を有効化すれば導入完了です。

設定の仕方

「PS Auto Sitemap」のプラグイン導入が済みましたので、設定を行います。

ダッシュボード画面の設定の項目から、「PS Auto Sitemap」をクリックします。

12016-07-23 (1) 12016-07-23 (2)

サイトマップを表示する記事の横の四角の中に入れる数字の設定を行います。

①と書いてある場所です。

その下のスタイル変更という場所は後からでも変更できますので、このままにしておきます。

 変更を保存 ボタンの下にあるコードをコピーしておきます。
12016-07-23 (4)

ダッシュボード画面に戻り、固定ページの「新規追加」をクリックします。

12016-07-23 (3)

固定ページの記事を書く画面になります。

順番に見ていきましょう。

3212016-07-23 (5)

①タイトルを入力します。「サイトマップ」

②最初は「ビジュアル」になっていると思いますので、「テキスト」入力モードにします。

③先ほどコピーしたコードをペーストします。(貼りつけます)

④プレビューをクリックします。

12016-07-23 (9)

この固定記事のURLが出ます。

「page id=」の後の数字を後から入力しますので、メモしておいてくださいね。

(私は、数字の後の&を数字の8と間違えて入力してしまった失敗談があります。)

こんな失敗もあるんです。

笑ってください。

⑤この部分はパーマリンクですが、日本語の「サイトマップ」というのを英数字に編集し直しておきます。(下図参照)

12016-07-23 (8)

 公開 ボタンをクリックします。

固定記事の編集と投稿が終了したら、先ほどの記事のURLの数字(ここでは28になります。)を設定するために、「PS Auto Sitemap」の設定画面に戻ります。

12016-07-23 (1) 12016-07-23 (2)

①の部分に数字を入力します。(数字は半角にしてくださいね)

 変更を保存 をクリックして設定終了です。

スタイル一覧

自分のサイトマップのデザインも気になりますよね。

スタイルを設定するうえで、どんな種類があるのかを私のサイトを例にしてご紹介します。

スタイルの変更には14種類のデザインがあります。

12016-07-23 (11)

1.スタイルなし

 

2.シンプル

 

3.シンプル2

 

4.チェックリスト

 

5.蛍光ペン

 

6.ドキュメントツリー

 

7.付箋

 

8.音符

 

9.矢印

 

10.ビジネス

 

11.索引

 

12.アーバン

 

13.アンダースコア

 

14.キューブ

 

以上が「PS Auto Sitemap」のプラグインの設定になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。 

-Wordpress(ワードプレス)