アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

マインドセット

アフィリエイトをやるうえでの大切な考え「まずやってみよう」とテストすること

2016/07/29

アフィリエイトをやるうえでの失敗

困った1

アフィリエイトをやっているとたくさんの失敗をしてしまいます。

設定での間違い。

間違いが何なのかもわからない。

初心者ならではの私の場合、数え上げたらきりがないくらい失敗してきました。

と同時に身に付いたことも増えました。

アフィリエイトをやっていても、何の失敗もなく、何の障害もなくこなしていける方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、私のようなパソコン音痴には、

「えー?何でこんなことやっちゃうかな?」

と笑えるようなことだってたくさんしてきました。

そんな一つ一つを恥をさらしながらこれからも書き留めていきたいと思っています。

もしかしたら、同じ間違いに遭遇することがあるかもしれない人のために。

わからないことだらけ

アフィリエイトというよりも、パソコンの操作自体わからないことだらけ。

それが初心者というものです。

わからないのは、その道に入って浅いから。

例えば、パソコン操作バリバリの男性でも、料理の世界では、主婦歴ウン十年の、私のほうが詳しいかもしれませんよね。

(中には、男性でも料理のうでがプロ並みなんて方もいらっしゃいますが・・・・。)

ですので、パソコンを使う中で、アフィリエイトをやっていく中で、わからないことが多いのも当たり前です。

自分でもそう思って開き直っています。

とりあえず実行

これは、性格にもよると思いますが、私は何でも

「とりあえずやっちゃえ」

という考えです。

このせいで、大事な情報を消してしまったり、カスタマイズ(設定)がぐちゃぐちゃになって戻せなくなってしまったりしたこともあります。

でも、悩んで悩んで時間を取り過ぎると、手がとまってしまい何もできなくなってしまいます。

それに、やってみなければわからないこともあります。

それで失敗が多いわけですが、最近は何かに手を加える前にはコピーをとるとか、スクリーンショット(今ある画面の内容をそのまま画像で残す)など少しは考えるようになりました。

色々な情報を手に入れて(検索をかけて)対処法を探してから、それを一通りためしてから、自分のやってみたいことをやるようになりました。

少しは学習できていると勝手に思っています。

何でもテスト

「何でもテスト」

これは、今のメンターに言って頂いた私の大好きな言葉です。

こうしたらどうかな?

これをためしてみよう。

こういう考えでやってみよう。

など、アフィリエイトを行っていくうえでたくさんの新しい考えが浮かんでくると思います。

それは、もちろんアフィリエイトで結果を出したい(収益を得たい)という気持ちがあるからです。

しかし、それよりも

(このブログを見てくれるユーザーに満足してもらえるような内容にしたい)

という思いがあるからだと思います。

ユーザーがあってこその私たちアフィリエイターです。

(初心者なのにアフィリエイターだと言ってしまいましたが、気持ちはじゅうぶんアフィリエイターのつもりです。)

テストするということは、ためしてみるということ。

私の性格にとてもぴったり合っていて、どんどん新しいことをやってみたい時に、

「何でもテスト」

この言葉を使わせて頂いています。

メンターも、私の自分流の解釈に苦笑いしていらっしゃるかもしれません。

とにかく考え込むくらいならやってみる

というのが私は大好きです。

もちろん、失敗もすると思います。

でも、失敗したら次はやり方を変えていけばいいことです。

今の私にはメンターがいてくれます。

方向性が間違っていれば、すぐに注意して気道修正してくれますし、アドバイスをくれます。

ダメダメな考えでなければ

「とりあえずやってみましょう」

と言ってくださいます。

その優しさに甘えているかもしれませんが、色々ためしてみるという発想は何かをやっていくうえでとても大切な考えだと思います。

一つ、良い訳をさせてもらいますと、重要なことは前もってメンターに相談していますよ。

見たことは忘れるけど体験したことは残る

人は誰でも、と言いたいところですが、本当のところ年齢を重ねてから特に思うようになりました。

「見た事や聞いた事はすぐに忘れてしまうけれど、経験したことはしっかり残る」

ということです。

そういう事ってありませんか?

私は仕事をしていて新しい内容の仕事を教えてもらう場面がたくさんあります。

そんな時、教えてくれる人の言葉や作業の段取りが書かれたマニュアルの書類を見てもなかなか覚えられません。

しかし、実際に自分がその仕事をしていく中で、

(この作業の次にこの作業がくるからここでこれを使うんだな)

(この作業には、こんな危険が潜んでいるからこの道具を使ったり、ここで確認をするんだな)

などと体験して初めてわかることがあります。

初心者ならではのあるある

パソコン作業に話を移しますね。

何かの文字をうっていて、突然今までの文章が消えてしまうけれど、もとに戻せない。

前の作業のところに戻りたいけれど、どうやったら戻れるのかわからない。

結局最初からやり直す。

何かのデータをダウンロードした。

それを見ようと思ったけど、たった今ダウンロードしたデータがパソコンのどこにあるのかわからない。

何をクリックすればそのデータを見られるのか、そこからわからない。

など、最初はびっくりするような当たり前のことですら、初心者にとっては未知の世界なんです。

私の場合はそうでした。

石橋をたたきすぎて前に進めない?

何事も慎重に、準備も整えて、失敗したときの対処法もあらかじめ用意して進めて行かれる方もいます。

私にはうらやましいです。

爪の垢を煎じて飲みたいくらいです。

そのくらいしっかりと、前準備ができる方はそもそも失敗をしないと思います。

もし、失敗したとしても数少ないでしょうし、すぐに対処できたり解決できたりすると思います。

ですので、パソコン作業やアフィリエイトにおいても、前もっての準備やすぐに対応できる解決策を持っておくのは、作業にかかる時間を短くできるので重要です。

しかし、初心者にとっては、まだそこまでの配慮をする知識自体が追い付いていないことが多いです。

ですので、失敗を恐れるあまり石橋をたたき過ぎると、作業の手が止まって先に進めなくなってしまうのです。

一つのことを続けるのに、その道のことに長く精通している方たちと違って、一つの失敗につまずくとモチベーションが下がり、作業自体が嫌になってしまうことにもなりかねません。

それよりは、まずやってみるという考えもありなのかなと思っています。

反省と次につなげる大切さ

失敗は誰でもします。

大事なのは、その失敗を反省して、次につなげることだと思っています。

昨日やった作業で今日も失敗していたらそれは、きちんと反省できていないし、次につなげられていません。

失敗は失敗でよしとして、今度はどうすればいいかしっかり考えることで、同じ失敗はおこさないでしょう。

私の場合は、また違う失敗をやらかしてしまいますが・・・・。

最後に

今の私にはメンターがいます。

今アフィリエイトについて色々教えてもらっています。

ですので、今こそ失敗するチャンスだと考えています。

それは、

失敗してもアドバイスをもらえる。

失敗してもメンターがいてくれると思うだけで心が折れることがない。

からです。

学生時代、勉強する中で、

「わからないことを聞くために先生がいるんでしょう」

と言われました。

まったくその通りだと思います。

私にとってはメンターは一生ものの先生です。

しかし、何十年先もメンターに

「ここは、どうすればいいですか?」

なんて聞き続けることはできません。

今がチャンスだと思っています。

これからも、失敗を重ねながら前に進んでいこうと思います。

アフィリエイトを行ううえで失敗したことは、一つずつ書き留めていきますね。

あなたも前に進みましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-マインドセット