アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

マインドセット

アフィリエイトは人と比べるものではない、あれこれ考える暇があったら手を動かそう

アフィエイトのやり方

%ef%bc%91%e6%82%a9%e3%82%80%e3%81%aa%e3%82%89

アフィリエイトには、トレンドアフィリエイト、サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイトなどなど、手法や媒体によっていくつもの種類があります。

それぞれの手法ごとに、基本的なやり方というものがあります。

そのやり方は、先にその道で結果を出しているアフィリエイターさんに教わるのが一番早く結果を出せる方法だと思っています。

王道と言われる正しい方法

アフィリエイトをやっていくと、SEO対策というものを考えることが必要になってきます。

SEOとは何か?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。 つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。

(詳しい内容は近々アップします。お待ちくださいね。)

 

自分の書いた記事を検索順位で上位に表示させることができれば、それだけ早く結果につながることは間違いありません。

その手法には裏技的なブラックSEOと正攻法のホワイトSEOがあります。

どちらも知ったうえで、メリットとデメリットを理解しながらアフィリエイトの作業に取り入れていく必要があると思います。

しかし、長期間アフィリエイトを続けていくならば、安定した手法、ユーザーのためになるコンテンツ作り(記事書き)を目指すことが大切です。

Googleはユーザーのためになるコンテンツを評価します。

そのための正攻法といえるホワイトSEOを取り入れて、続けていくほうがいいと思います。

人によって結果が違うのはなぜ?

同じブログアフィリエイトで結果を出したいと思っていても、教わるメンターによっても結果の出方は違いますし、同じメンターのもとで学んでも、コンサル生によって結果の出かたは全く違います。

それはなぜでしょうか?

それは作業する人の飲み込みの早さやセンスという物も多少はあると思います。

しかし一番の違いは、正しいと思われる作業をどれくらいの量こなしていくかだと思います。

これは私個人の考え方ですが、自分でやっていると思っていても、実はそれ以上に作業量をこなしている人は山のようにいるのではないでしょうか?

アフィリエイトというのは、どれだけ作業に時間をかけたかではなく、どれだけの作業量をこなしたかだと思います。(ちょっとわかりにくいですよね。)

例をとって説明します。

例えば、小学生が漢字の書き取りをやるとします。

A君は100字を書くのに、20分かかったとします。

B君は少しゆっくりめの子なので、同じ100字に40分かかります。

作業時間というのは、A君は20分ですが、B君は40分という時間のことです。

作業時間だけ考えれば、B君のほうが倍も頑張っていることになります。

しかし、40分もあれば、A君は単純に考えると200字書きとれるという計算になります。

この同じ時間でどれだけ作業をこなせるかという部分が作業量になります。

作業時間を同じに設定した場合、A君B君の2倍の作業量をこなしたということになり、先に進んでいるのですね。

 

私のような初心者は同じことをメンターから教えてもらっても、飲み込みの早い人よりもただでさえ時間がかかってしまいます。

ですので私はB君と同じ立場だと思っています。

では、B君A君と同じ作業量をこなすためには、どうすればいいのでしょうか?

正解は2倍頑張ればいいと思います。

それでもA君と一緒のラインには立てないかもしれません。

人よりも結果が出ないと悩む場合は、大体は自分の方が作業量が足りていないのに、

「私はちゃんとやっているのに」

という思いがあるからだと思います。

でも、実際は結果が出ている人は自分よりも飲み込みが早いか、作業量が多いのかもしれません。

そう考えられれば、自分がやるべきことは限られています。

今やっていることを迷いなく、まっすぐに突き進むか、さらなる量の作業をこなすかですね。

悩むくらいなら手を動かしましょう。

記事を書きましょう。

アフィリエイトをやる目的

アフィリエイトをやろうと思ったのはどんな目的があったからですか?

もう一度思い出してください。

人と競争することが目的ではない

アフィリエイトは人と競争することが目的ではありません。

あなたがアフィリエイトをやろうと思ったのはあなたの夢をかなえるためではなかったのでしょうか?

それなら、周囲の人がどんな結果を出そうと構わないですよね。

自分の今やるべきことをやるだけです。

あれこれ迷う、悩む

私は、書いても書いてもアドセンスで得られる収益が何十円、何百円しかないときに、とてもあせっていたこともあります。

このままのやり方を続けてはたして結果は出るのか?

永遠に続くような記事書きはいつまで続ければいいのか?

一度不安になると、今やっていることが疑問だらけに思えるのです。

急にテンションも下がってきます。

作業が進まなくなります。

そしてますます結果が出る状況から遠ざかっていき、悪循環になります。

時間さえあれば作業をすすめる

私はアフィリエイト初心者です。

悩んだところで、どうしようもないわけです。

今教わっていることを心から信じて続けていくことが一番大切なのです。

自分でテストを繰り返してアフィリエイト作業をされている方は、悩んで、原因を考えたり、次々とテストを繰り返しながら進んでいく必要があります。

しかし、教わるメンターがいる恵まれた環境で、やることは、作業をコツコツ続けていけばいいだけなのです。

「これをやったらどうなるか?」

と言った疑問など、結果が出たら自分で嫌になるほど考えればいいのです。

悩む暇があれば、手を動かして、記事を書くことをおすすめします。

気持ちの変動が激しいとテンションの上がり下がりで記事を書くことにも、バラつきが出てきます。

そんな時こそ、いつも通り、パソコンを立ち上げ、ワードプレスの画面を開き、文字を打ちこんでいきましょう。

作業を始めれば少しずついつもの作業に戻れることもあります。

立ち止まる、見返す作業

ブログアフィリエイトである程度記事を書き続けられて、コンテンツ(記事)がたまってきたら、見返す、修正する、などの作業も必要になってきます。

しかし、まだアフィリエイト初心者で、「特化型ブログ」のコンテンツを積み重ねている段階ならば、あまり周囲にまどわされず、コツコツといつも通りの作業を続けましょう。

最終的にはそれが結果につながる一番の近道になるかもしれません。

「特化型ブログ」は今日取り組んだ作業が、何か月も先に結果として出てくることもあります。

すぐに結果は出なくても当然なのです。

私の場合

私も、アクセス解析などを見て、昨日よりも下がっているとか、なかなかアクセスが増えないなど、気になり始めると記事を書くという作業そっちのけで解析画面に見入ってしまうことがあります。

今までのその時間をコンテンツ作りに費やせば、どれくらいユーザーのためになる記事を書けたかと反省です。

やるべきことが分かっているって有り難いですよね。

今やるべきことをしっかり取り組むことが夢をかなえる近道になると思います。

一緒に頑張っていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。  

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。  

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-マインドセット