アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

私のアフィリエイトの道のり

アフィリエイトの道のり(2016年2月)

2017/01/28

私にとってのメンター

11cats

別れ

これまでのアフィリエイトの道のりでもお話ししましたが、最初のメンターとのやりとりが、徐々に減って来て、2016年2月になると、ほぼ連絡がとれなくなってしまいました。

やりとりをしている中、ほとんど使わないけど、このメールでも連絡がとれるというメルアドを教えてもらっていました。

ですが、この時は私にとって、非常事態です。

最後の頼みとばかりにこのメルアドに連絡してみました。

無料ブログからメッセージが送れなくなって、不安なこと。

ユーザー名で調べても退会したとの内容。

「何かあったのではないか、心配です。もし、元気なら、それだけでも返信ください。」

といった内容だったと思います。

それでもすぐに返事は来なくて、もうあきらめかけていました。

すると、3日後くらいに返事が来たのです。

内容は、

「無料ブログでの投稿が知り合いにバレて退会したので、今後は教えてあげることはできません。しかし、このままブログを書き続けていけば結果は出ると思います。」

というものだった気がします。

実質上、この、メールが最後のメールになり、最初に私をアフィリエイトの道に引っ張ってくださったメンターとのお別れになりました。

(たぶん、もう返信はないだろうな。)

と思いつつも、今までのお礼と、お身体大事にしてください、といった内容の返信をしました。

最後は励ましだったかもしれませんが、今、1からアフィリエイトの事を学び直して思ったことは、あのまま一人でブログを続けていても、1年先も2年先も何の結果も出なかっただろうということです。

いえ、それより先にイヤになってアフィリエイト自体をやめていたと思います。

出逢い

そんな私に運命の女神がほほ笑んでくれました。

最初のメンターとの別れから間を置かず、新しいメンターとの出逢いを頂いたのです。

それが、今のメンター、ヒデアキさんです。

私は、昔から、何かピンチになったり、どん底に落ちる寸前に救いの手が差し伸べられることがよくありました。

この時もそうです。

自分に合ったといいますか、自分が求めていたメンター像にぴったりの方との出逢いをもらえるなんて奇跡みたいなものです。

アフィリエイトの世界は、ネットの世界です。

相手の顔も性格も、何もわからず、ネット上に公開されている情報だけを信じて何事も見極めなければなりません。

メンター選びも同じです。

私のメンター探し

アフィリエイトにも詳しくなく、メンターという言葉すら知らなかった私が、どうやって自分の師匠となる人を見つけたのか、その流れをお話しします。

最初の出会いを思い出して

最初のメンターは無料ブログで自分のアフィリエイトのことを公開されていて、それを見て、ネット上でアフィリエイトというもので稼げることを知りました。

ですので、アフィリエイトをやっている人を探してみようと考えました。

ネット上をウロウロする毎日

「アフィリエイト」「先生」「教える」と言った、いかにも初心者のようなキーワードで検索していました。

メンターと言う言葉も知りませんでした。

アフィリエイトに色々な種類があることも、自分の取り組んでいたアフリエイトがブログアフィリエイトというジャンルのものだったことも、この頃ようやくわかりました。

そんな中で一つ目について、気になった言葉があります。

「トレンドアフィリエイト」

というものです。

何だか、取り組みやすく、初心者向きのように書いてあるブログが多く感じられて、そのトレンドアフィリエイトを教えているアフィリエイターさんのサイトを転々と見て回っていました。

成功している人はコンサルも行っていることに気付く

そして発見したのが、アフィリエイトの世界で結果を出している人の多くはコンサル(指導)も行っているという事実です。

(そうか、こういう方たちにコンサルを頼めばいいのか?)

先が見えた気がして、一気にテンションが上がったことを覚えています。

何人もの人のメルマガに登録したりメールを送る

それからは、気になったアフィリエイターさんのメルマガに登録したり、個人メールを送ったりしてみました。

やはり、コンサルのことも何もわからない私としては、最初は、無料で登録できて、いつでも解除できるメルマガというのは唯一安心して自分の判断でできることだったのです。

当時5人くらいの方のメルマガ登録をしたと思います。

その中には、アフィリエイトをする上で望むもの、具体的な希望収入、意気込みを書いてくださいという内容のものもあり、私は正直に書きました。

病気の不安、職を失うかもしれないこと、これからの年齢でできる仕事が限られてくること、主人がストレスで会社を辞めたがっていること、個人的なことを書くのは結構勇気がいるものです。

しかし、私は必死でした。

本当にアフィリエイトで結果を出したいと思っていました。

最初のメンターとの別れから立ち直りたくてがむしゃらだったのかもしれませんが、この1週間は、まさに私の就職活動のようなものでした。

返信の仕方がみな違う

5人いらっしゃると、5通りの対応があって当たり前です。

ネット上で公開されている情報はどの方も魅力的なものです。

現在のメンター、ヒデアキさんの「ネトレピ」はボリュームもあり、詳しく親切な解説と初心者でもわかりやすくまとめられている内容で、とてもおすすめのブログなんです。

でも、私はブログの内容はあとで知ったことで、この時は「ネトレピ」のことはほとんど知りませんでした。

私がヒデアキさんにコンサルをお願いしたいと思った大きな理由は、返信メールでした。

他の方たちは、メルマガに登録すると同時に、

「このような教材を買って、それをもとに始めましょう。」

と言った、返信を送って来られる方もいました。

個人メールへの返信は一切なく、メルマガだけを送って来られる方もいらっしゃいました。

返信メールが3日も経ってきたものもありました。

何人かの返信の仕方を比べて、すぐに返信メールをくださったのが唯一、ヒデアキさんだけでした。

それに加えて、私が書いた(本当に、一生懸命書きました。)内容に触れたうえでの返事をくださったのもヒデアキさんだけでした。

なんて誠実な人なんだろうと感じました。

最後は自分の気持ちに従う

他の方もきっと、いい所があるのだとは思います。

しかし、自分に合う人かどうかは、最後に感覚で決めることが多い私です。

返信メールの最後の言葉選びにも

一緒に頑張っていきましょう。

の文字があり、気配りが感じられました。

何より、前のメンターから一方的に置き去りにされた私は、結果を出させてくださることよりも、途中で見放さないという雰囲気が感じられる人のほうに魅力を感じたので、迷いはありませんでした。

これからもよろしくお願いします。

と返信を返し、他の方がたのメルマガを全て解除し、ヒデアキさんにコンサルをお願いする流れになりました。

気持ちの浮き沈み

意気消沈

最初のメンターとの別れというものは、本当に茫然自失と言った感じで、私にとっては大きな打撃でした。

毎日毎日、開いていたパソコンも見る気にもならず、ブログの更新もできないままでした。

自分で、こんなにも精神的にダメージがあるなんてびっくりです。

やる気復活

ですが、新しいメンターと出逢えたとたん、やる気が復活です。

誰かに一緒に頑張ろうと言ってもらうことはやる気を2倍にも3倍にも上げてくれるものなんだなと強く感じたものです。

コンサルを受けるということ

最初に教えてもらったときに私の場合はボランティアのようなものでした。

コンサル料も払わず、費用は、レンタルサーバー代と独自ドメインの取得代だけです。

しかし、コンサルを受けるのに無料というのはやはり違うと思いました。

教えてくれる人が身内だとか、知り合いなら別ですが、人に物を習う場合はお金がかかるのは当たり前のことです。

ましてや、アフィリエイトは、趣味でなく、生活費を稼いでいけるようなビジネスの方法になります。

よく、先行投資と言いますが、正しい見極めが出来たら、先行投資は思い切ってすべきだと思います。

その理由は、自分の覚悟になるからです。

大きな金額を払って取り組むことで、中途半端に辞める選択肢を作らないためです。

結果を出すまでは石にかじりついても

という強い決意が持てます。

 

また、私の例がそうですが、お金が関わらない取り決めは、いつ無効になっても文句が言えません。

最初のメンターもお金をもらって教えているわけではなかったので、責任という観点から見たら、ゆるい感覚だったのではないかと思います。

たとえ私に結果が出せなくても、

しょうがないね

だけで済んでしまいます。

 

一般的にアフィリエイトを始め、ビジネスにおけるコンサル料というのは、習い事や○○教室と呼ばれる月謝や年会費などに比べて高額なことが多いです。

しかし、メンターと呼ばれる人にとっては、自分の時間を割いて、初心者同然の私たちに1から教えてくれるわけです。

本当はその時間を自分のアフィリエイト作業に当てたほうがきっと儲かると思います。

それなのに、コンサルを受けてくださるのですから、金額が高いのは当たり前です。

一度、コンサルを始めると、責任が発生するので、それってかなりのリスクにもなるのではないでしょうか?

だって、コンサルしたのに、結果が出せない(ほとんどは、コンサルを受ける側の事情だと思いますが・・・・。)では、悪い評判だって立つかもしれません。

それを押してまでコンサルしてくださるということは、気持ちの面ではボランティア精神にあふれていると思います。

事実、私のメンター、ヒデアキさんは、自分の利益よりも、まずコンサル生やユーザー目線に立とうとする方です。

それってきれいごとだと言う人もいると思います。

でも、良いことをして、人に喜んでもらえたうえで、お金をもらう。

そうやって稼げることは最高の収入の得方だなと感じます。

お金を稼ぐことに対して日本人は罪悪感や嫌悪感を抱く人が多いように思います。

でも、私は、人のためになって、喜んでもらえて、自分もうるおってという素敵な流れのアフィリエイトをやっていけたらいいなと思っています。

アドセンス収入

2016年2月

1,3××円

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-私のアフィリエイトの道のり