アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

失敗・疑問・気づき・ 特化型ブログ

アドセンス広告が収益の源なのにアドセンスをブログに貼ることをためらったバカな私

2016/08/04

アドセンス広告

11messe-zi

特化型ブログの収入源の一つ

私が特化型ブログアフィリエイトを始めて思ったのは、アフィリエイトには多くの手法やジャンルが存在するということです。

今でもよく知らない手法はたくさんあります。

その中で、自分が取り組んでいる「特化型ブログ」においては、収入の得方が二通りあることを知りました。

一つは、今このブログを通してご紹介している、「Google AdSense広告をブログに貼ること」による収入です。

もう一つは、自分の特化したテーマに合う商品を紹介して、その商品が購入されることによって、その商品を扱っている広告主から一定の報酬が入るというものです。

そして、私が現在取り組んでいるアフィリエイトはアドセンス広告を自分のブログに貼って行うものです。

見てもらうことで収益が発生

アドセンス広告についてはまた詳しくお話ししますが、収益が出るしくみについて簡単にお話しします。

ユーザーが私たちのブログを訪問して、記事(コンテンツ)に目を通す際に、貼ってあるアドセンス広告を目にすることで、またクリックしてもらうことで収益が発生します。

その広告というのは、ユーザーのためになるような、もしくは、コンテンツ内容に近い物が自動的に表示されるようになっています。

一つ、注意ですが、記事をクリックしてもらうことで収益が発生するからと言って、自分で自分のブログやサイトのアドセンス広告をクリックするのは「規約違反」に当たりますので注意が必要です。

アドセンス広告を使用する権利というのは、一人に一つしかありません。

違反して、再使用が認められなかったら、アカウントを停止されてしまうことにもなりかねません。

私の間違い

私の考え方の間違いについてお話しします。

私は自分のブログに最初、2つのアドセンス広告が表示されるように設定していました。

記事を読んでいくと、記事の一番下に広告が2つ現れるような設定です。

アドセンス広告というのは、一記事(1ページ)に3つまで貼れるようになっています。

それ以上貼ることは規約違反になってしまいますが、貼れる最大数貼った方が、ユーザーの目につきますよね。

ですので、記事の途中や記事のすぐ下、サイドバーに貼るなどして、3つの広告を目につくように設定されていると思います。

変なこだわり

私は、今のメンターにコンサルを受け始めた時にはすでに、外観ウィジェットからアドセンス広告の設定を行っていて、すべての投稿記事下に、自動で表示されるようにしていました。

しかし、3つまで貼れる広告を2つしか貼っていなかったので、メンターが、記事中にもアドセンス広告を貼るようにアドバイスくださいました。

でも、私は一つ返事で「はい」と実行にうつせませんでした。

それは変なこだわりがあったからです。

アフィリエイトを始めるようになって、人様のブログを訪問すると、必ずと言っていいほど貼ってあるアドセンス広告が目につくようになっていました。

今まで、何とも思わなかったのに、急に、「金儲け主義」のような印象を強く受けてしまい、アドセンス広告にいい印象を持てなくなってしまっていました。

記事の下の目立たない部分ならいいけど、自分の記事のど真ん中に割って入れたように広告を貼ることに、

「私は儲けたいのよ。」

と主張しているみたいで、抵抗を感じてしまいました。

メンターに意見して反省

その結果メンターに、

「記事中にアドセンス広告を貼るのに抵抗があります。」

などと、とんでもない意見をしてしまったのです。

私は、何て失礼なやつでしょう。

「稼ぐ気はないんですか?!」

とメンターからお叱りを受けても、あきれられてもおかしくないというのに、その時メンターはそのまま受け入れてくださいました。

「○○○さんが、(私の名前です。)納得いかないことは無理にしなくていいですよ。」

「そのまま2つのアドセンス広告でいきましょう。」

とのお返事。

なんて心の広いメンターなのでしょう。

今振り返ってみれば、コンサル受けるつもりならメンターに意見なんてしていないで、普通は「はい」の一言です。

私の考えが単純で、浅い物だったことを後で痛感しました。

アドセンス広告についての上辺だけしか見ていなかったことを知り、広告を納得して貼れるようになりました。

それは、メンターから教わった考えのおかげです。

アドセンス広告は脇役、主役は私たちの記事です

では、広告を貼ることについて考えてみたいと思います。

広告を貼る場所は私たちのブログの記事です。

ユーザーの目に触れるのは、広告だけでなく、私たちの記事なのです。

ユーザーは広告の情報を求めてブログを訪れてくれたわけではありません。

一番の目的はブログの記事から得られる情報です。

記事が主役です。

ということは、主役を目立たせてあげればいいと思うのです。

アドセンス広告はブログの記事に花を添えてくれる脇役なのです。

広告が貼ってあることすら気にならなくなるほどの記事を書いていけばいいのです。

アドセンス広告に関してだけ言えば、本当に広告に興味を持った人だけが広告をクリックしてくれるようになります。

そう考えれば広告を貼ることに後ろめたい想いを持つことはありません。

アドセンス広告以上に魅力的な記事を書いて、魅力的なブログにしていけば広告をクリックするのはユーザーの意志によるものだということになります。

ですので私たちは広告が気にならなくなるくらいの情報をブログで提供していけばいいのです。

もしかしたら最初は、私のように自分の書いた記事に広告を貼ることに抵抗がある場合もあるかもしれません。

しかしユーザーのためになる記事を更新していくことで、その抵抗も薄れると思います。

現在の私のブログ

現在アドセンス広告は、記事中と、記事下に合わせて3つ貼っています。

確かに、アドセンス広告で収益を出すアフィリエイトに取り組んでいるのに、広告を貼らずに何で稼げるの?

という話ですよね。

アフィリエイトでなく、趣味でのブログならいいかもしれませんが、収益を出して初めてアフィリエイトと言えます。

記事を書いていくうえでは、

「いかにユーザーのためになるような記事にするかを考える」

ことが大事ですが、収益を得られるように考えていくこともビジネスの一つだなと思いなおしました。

と同時に、アドセンス広告というものは、アフィリエイターの収益のためだけに存在するのではなく、ユーザーのためにもなっていることを理解しました。

アドセンス広告は、記事に合わせた関係のある広告や、ユーザーが求めるものを優先的に表示してくれるというすぐれものです。

ユーザーのためにもなる広告を自分の思いこみで上手に活用できなくなるところでした。

これからも、とんちんかんなことをやらかしていくかもしれません。

しかし、一つ一つのアフィリエイトの作業の意味を理解して進んでいきたいと心から思っています。

これからもわからないことは調べたり、メンターに聞いたりしながらアフィリエイトしていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-失敗・疑問・気づき・, 特化型ブログ