アフィるり

超がつくほどの初心者でも、年齢がいくつでも始めるのに遅すぎることはありません。初心者のためのアフィリエイトの始め方講座

特化型ブログ

アクセスを集めるためには検索ワードで上位表示する必要あり、ライバルチェックのやり方

ブログのジャンル(テーマ)が決まったら

%ef%bc%91%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%ab

書くジャンルが決まったらさあ、記事を書きましょう。

と言いたいところですが、その前に大切な作業があります。

記事作成スタート

待ちに待った記事をいよいよ書く段階になりました。

ここまで設定が多くて、早く記事を書きたくてウズウズしているのではないですか?

では、記事を書くために行う作業を知りましょう。

記事タイトルをつける

記事のタイトルをつけます。

投稿する記事に題名をつけるということです。

キーワードなどを検索窓に入力して検索したときに出てくる青文字の部分、下の画像で言えば赤枠の部分のことです。

2016-10-101

このタイトルの付け方は大切になってきます。

効果的なタイトルをつけるためにも、そしてライバルを見据えて記事を書くのにも重要になってきます。

ライバルチェック

記事を書く前に大切なことはライバルリサーチです。

自分と同じジャンルで記事を書いているライバルのブログをチェックして、それをもとに自分の記事をどういう方向で、どういうタイトルで書いていくかを決めます。

ライバルをきちんと把握しておかないと、自分でどんなにいい記事だと思ってアップしても、アクセスが集まらず、上位表示されないのです。

自分の書いた記事が上位表示されないということはアクセスが集まらないということです。

ですのでライバルのチェックはとても重要な作業なのです。

実は私はこのライバルチェックが苦手で、たまにこの作業をスルーして記事を書いてしまうこともあります。

ライバルチェックをおろそかにして書いた記事は、自分がどんなにいい記事になったと思っていても場合によっては永遠に上位表示されず、埋もれてしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、ライバルチェックの仕方を知って上位表示を目指し、自分のブログにアクセスを集めていきましょう。

上位表示の意味

上位表示することはそんなにもアクセスに関係してくるのでしょうか?

上位表示というのは?

上位表示というのは、あるキーワードを検索窓に打ち込んだときに、その検索結果によって一番最初に表示されたブログやサイトのことです。

検索して最初に表示されるページが1ページ目とすると、上位表示の10件ぐらいの記事が並びます。

2ページ目にも10記事ぐらいが並びます。

この場合は上位表示11位~20位に入っているということです。

例えばあなたの記事があるキーワードで、Google検索4位になっているとしたら、Google chromでそのキーワードを打ち込んで検索してみてください。

上から4番目にその記事があるはずです。

検索ツールは色々ありますが、私は無料で使える「検索順位チェックツールGRC」を使っています。

👇

https://seopro.jp/grc/download.htm

こちらから入っていただき、ダウンロードして使ってくださいね。

上位表示とアクセスの集まる割合

この検索されて上位表示した1位の記事は、このキーワードでアクセスした人の中のおよそ30~40%を占めます。

2位になるとこれがおよそ10~15%くらいに減るのです。

1位表示から3位表示までで、全体の約60~70%を占めるので、やはり自分の記事を上位表示させるなら検索1位から3位くらいまでをねらっていく必要が出てくるのです。

あなたが何かの情報を知りたいと思って検索窓にキーワードを打ち込むときを思い出してください。

最初に出てきたページの上から1つ目か2つ目の記事くらいしか読まないのではないでしょうか?

タイトルにもよりますが、ほとんどの人は表示された最初の上から1つ目か2つ目の記事を見るだけで知りたかった情報が手に入ってしまいます。

わざわざスクロールして下のほうまで見る必要がないのです。

1つ目や2つ目の記事で知りたかった内容が書いてなかったときだけ、下のほうの3位~10位の記事も開いてみるでしょうし、まれに次のページものぞいてみることと思います。

ということで、自分の記事が上位表示されるようにしていかないとせっかく良い記事を書いても読まれることなく埋もれてしまうことになってしまうのです。

具体的なライバルのチェック方法

ライバルのチェックが必要だということはおわかり頂けたと思います。

では具体的にどのようにしてチェックしていけばよいのか具体的に手順を進めていきましょう。

どのような手順で行えばいいの?

「時間」「活用術」というキーワードを使って記事を書いていきたいと思った場合のやり方を見ていきます。

Google Chromeの検索窓に「時間 活用術」と打ち込んで検索してみます。
2016-10-1112016-10-11-11

ここでは、上位表示1位から7位までの記事があります。

このトップページに出てくるブログを見て、そのキーワードで上位表示ができるかどうかを考えていきます。

 

まず、1位の記事は「ダイヤモンドビジネス社」という会社のサイトでした。

2位の記事はまとめサイトで、テーマによって記事を書く人が違う組織サイトです。

3位はNAVERまとめの大手サイト

4位はテーマによって執筆者が変わる組織サイト

5位は個人のごちゃ混ぜブログで、はてなブログを使ってますね。

6位は無料ブログのアメーバブログ

7位はアマゾンでした。

このトップページに大手の企業サイトや複数の執筆者で運営されているサイトなどが多いと上位表示がなかなか難しいです。

しかし、個人のブログ、それも特化型でないごちゃ混ぜブログや無料ブログがあると、記事によっては上位表示が可能です。

こんなサイトは強い

  • 企業サイト
  • NAVERまとめなどのニュースサイト
  • 組織で運営しているサイト
  • 運営年数が長い個人の特化型ブログ
  • 記事数が500も1000もあるような個人のブログ

こんなサイトなら勝てるかも

  • 個人のごちゃ混ぜブログ
  • 無料ブログ
  • 文字数が少ない記事
  • 知恵袋
  • トレンドブログ
  • タイトルにキーワードが含まれていない

後は、どのような点を見ていけばよいのかといいますと、時間、活用術という検索ワードに対して、その答えになるような満足できる情報が書かれているかどうかを見ていきます。

タイトルには惹かれるのに、記事を読んでみると、知りたかった情報について書かれていないということがあります。

これは、ユーザーにとってはいい記事だとは言えませんし、ユーザーが検索してそのブログに訪れたとしてもすぐに離脱してしまう可能性もあります。

そのような記事は上位表示されていてもいずれ順位が下がってしまう可能性があります。

では、私たちは、そのキーワードでユーザーが必要としている情報を盛り込んだ記事を書いて行けばいいことになります。

もしも、トップページがすべて大手企業サイトなどで埋まっていたら、残念ですが上位表示は難しいので、キーワードをずらしたり、変えたりしてタイトルを考えなおしましょう。

キーワードが決まったら、当たり前ですが、そのキーワードで検索をしてくるユーザーがどんな情報を知りたがっているのかを考えて記事を書いていくことが大切です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。  

感想・ご意見などありましたら、下のフォームから気軽にお問い合わせください。  

気づき次第、おるりがお返事いたします。

-特化型ブログ